おすすめ頭皮ケア〜生活習慣・食生活の改善

質の良い睡眠

まず最初は生活習慣の改善についてです。1つ目の方法は質の良い睡眠を、十分時間をとることです。睡眠不足や質の悪い睡眠は頭皮環境の悪化を招きますので、是非とも避けなければなりません。

 

睡眠が足らない場合成長ホルモンが十分に分泌されないので正常な肌サイクルが行われず、頭皮にも古い角質が溜まってしまうからです。最低でも6〜7時間は睡眠をとり、テレビ・パソコン・スマホ等の電磁波の出る機器は、寝る1時間前から見ないようにして脳の興奮を抑えることも大切です。喫煙や飲酒をしている人も、寝る時間が近くなってきたら控えてください。

 

喫煙と飲酒

2つ目の方法は、その喫煙と飲酒の仕方についてです。毛細血管の収縮につながって血行不良になり、肌に弾力を与えるコラーゲンの生成に欠かせないビタミンCを破壊してしまいますので、控え目にするか禁煙に踏み切るようにしましょう。但し我慢をしてストレスのたまらない範囲で控えてみてください。

 

そして過度の飲酒も血液中の栄養素や酵素を低下させてしまいますので、お酒の好きな人でも夜は晩酌で軽く1杯という程度にしておきましょう。適量の飲酒であれば支障はありません。

 

適度な運動

3つ目の方法は適度な運動です。適度な運動は全身の血行促進に効果があり、頭皮環境も改善させてくれます。

 

運動の苦手な人でも、散歩や可能であれば通勤・通学の際にひと駅、或いはひとバス停分歩いたり、駅や建物内の移動にはなるべく階段を使うなどの工夫をしてみてください。寝る前のストレッチやヨガも効果的です。

 

ストレスを溜めない

4つ目の方法はストレスを溜めないことです。過剰なストレスは毛細血管を収縮させて頭皮や髪の毛に栄養を届きにくくさせ、ストレスや刺激から頭皮を守るための皮脂の過剰分泌により、フケや臭いを誘発してしまいますのでストレスを溜めない工夫と、ストレスを感じた時の発散の仕方を、自分なりに考えておくようにしましょう。

 

食生活の改善

次は食生活の改善についてです。頭皮の健康は栄養バランスのとれた食生活の中で摂取した栄養素が、血液中から運ばれることによって保たれています。しかし食生活が乱れていたり偏食気味であったりしますと、栄養が十分に運ばれなくなり頭皮の健康は損なわれてしまいます。

 

そこで特に揚げ物等の脂っこい料理が好きな人、甘党で食後も甘いものを別腹のつもりで食べてしまう人、スナック菓子が好きで食事代わりにすることもある人、食事時間が不規則で深夜でも食べている人、野菜嫌いで野菜をあまり食べていない人、外食やコンビニ食が多い人、お酒や辛い物が好物の人等は、早急に食生活を見直す必要があります。このような食生活は、頭皮の免疫力の低下や過剰な皮脂の分泌を招いてしまうからです。

 

ですのでまず、1日朝昼晩の3食をいつも同じ時間に食べるようにし、夜9時以降は水以外の飲食は控えるようにしましょう。そして野菜をメニューを工夫して積極的に食べ、タンパク質・食物繊維・海藻類・発酵食品・緑黄色野菜・炭水化物等栄養素のバランスを考えた献立にし、お酒や辛い物の摂取を控えるようにすると良いでしょう。