びまん性脱毛症ってどういう症状?

中年女性

女性の薄毛症状には幾つかタイプがありますが、1番多いと言われているのが「びまん」性脱毛症です。

 

これは…

  • 髪の毛のボリュームが減る
  • 地肌が目立つようになる
  • 髪が細くなってくる
  • 髪のコシがなくなってくる

等の症状で、頭全体に髪の毛が薄くなるのが特徴の脱毛症です。

 

びまん性脱毛症は、目に見えるようになるまでに徐々に進行してくるのも特徴で、気付いたときには、かなり症状が進んでしまっている場合が多いと言われています。

 

男性型脱毛症(AGA)に対し、女性男性型脱毛症(FAGA)とも呼ばれています。

 

髪の毛が薄くなる前に抜け毛が増えたり髪のツヤがなくなることもあり、更年期前後から症状が出始め、閉経後に更に薄毛が顕著になる場合もあります。

 

次にこの「びまん」性脱毛症の主な原因について、お話していきたいと思います。

加齢

中年女性

 

女性は加齢と共に女性ホルモン・エストロゲンが減少し、閉経時には急激にホルモンバランスの乱れが起こり、AGAの原因ともなる男性ホルモンが優位となって脱毛しやすくなるとされています。

 

この時に頭皮の潤いの保持に不可欠のコラーゲンや皮脂も減少してしまうため、頭皮が乾燥してしまうのが原因と思われます。

出産やピル

低用量ピル

 

女性は妊娠時には女性ホルモンの分泌量が増え、ホルモンのバランスが変化して毛周期が一時的に乱れ、出産後に異常な脱毛症状が起きる場合もあります。

 

これは一時的なことですので、大抵は自然に治って生きます。

 

ピルも使用しますと服用時には一時的にホルモンが増えますが、止めると一時的にだつもうが目立つとされています。

ストレス

ストレスを感じる女性

 

ストレスをためてしまいますと、自律神経が乱れて血管が収縮して血行不良となってしまい、毛髪に必要な栄養が運ばれなくなり脱毛の原因となるのです。

ダイエットや食生活

食事

 

例えば過度のダイエットを行いますと、身体が全体的に栄養不足となり、毛髪に必要な栄養も不足して脱毛の原因となります。

 

またファーストフードや肉類等、動物性脂肪の多い高カロリーのものです。

シャンプー

シャンプーリンス

 

これは洗浄力の強すぎるシャンプーの継続使用や、毎日洗髪する等過度のシャンプーにより、毛髪に必要な皮脂までとれてしまいトラブルの原因にもなります。

 

すすぎきれずに残ったシャンプーが毛穴に詰まって、脱毛の原因になる場合もあります。

 

他にも夜更しや朝帰りによる睡眠不足や、過度の飲酒・喫煙も原因になり得ますので、生活全般の見直しも大切だと言えます。

 

おすすめ女性用育毛剤ランキングはこちら

びまん性脱毛症の改善方法

ここでは女性特有の薄毛症状である、びまん性脱毛症の改善方法について、お話していきたいと思います。

 

食生活

納豆

 

例えばジャンクフードや揚げ物等の脂っこい食べ物や、糖質の多い食べ物等の摂り過ぎは、皮脂の過剰分泌や粗悪な血管や血液の作られる原因となります。

 

極力控えるようにし、和食中心の栄養バランスのとれた食生活を心がけることが大切です。

 

髪のもととなるタンパク質(肉・魚・卵)・ビタミン(野菜類)・ミネラル(海藻類)を含む食品を、意識して食べるようにしましょう。

 

また大豆製品(豆腐・納豆等)に含まれる大豆イソフラボンは、髪を成長させる働きのある女性ホルモン・エストロゲンに似た作用があるため、積極的に摂取されることをお勧めします。

 

忙しいので、毎日きちんと料理を作って食べるのは無理だという人は、サプリメントで栄養補給をしても良いと思います。

 

生活習慣

タバコ

 

まずお酒をよく飲む人やヘビースモーカーの人は、アルコールやタバコに含まれる成分が薄毛の原因にもなります。

 

可能であれば禁酒禁煙をし、難しい人は極力控えるようにしましょう。

 

また睡眠不足も美容の大敵ですので夜更しや徹夜をしないようにし、早寝早起きの励行し十分な睡眠をとるようにしましょう。

 

健やかな髪の成長には良質な睡眠が何よりも大切です。

 

そしてウォーキングやヨガ・水泳等の適度な運動をすることにより、心も身体もリフレッシュさせれば、ストレスの解消と血行の改善につながり、脱毛の原因を同時に2つも取り除くことが出来ます。

 

ヘアケア

シャンプーする女性

 

まず洗浄力の強すぎる添加物の多いシャンプーは、最低限必要な皮脂までとってしまい、逆に頭皮の乾燥を招いてしまいます。

 

天然植物由来成分中心の無添加で低刺激の、アミノ酸系のシャンプーで洗髪するようにしましょう。

 

また洗髪の前によく髪をブラッシングをし、シャンプーをつける前のぬるま湯洗浄を行います。

 

シャンプーを直接いきなり頭皮や髪につけず、手の平でよく泡立ててから髪にのせるようにつけます。

 

指の腹で力を入れ過ぎないよう優しく揉み込むように洗い、洗髪後はすすぎ残しのないように、時間をかけて丁寧に濯ぐようにしましょう。

 

また風呂からあがった後は、綿製の吸水性の高い柔らかいタオルで髪の毛を挟んで、水分を押しとるようによくとってからドライヤーでよく乾かします。

 

女性用育毛剤

その後女性用育毛剤をつけて、頭皮マッサージをすると更に育毛効果がアップします。

 

天然植物由来成分中心の無添加・無香料の、びまん性脱毛症に考慮した女性用育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

以上の対策を選んでも症状が改善されない場合は、FAGA専門の専門医の診療を受けるようにしてください。

 

おすすめ女性用育毛剤ランキングはこちら

びまん性脱毛症に効果的な育毛剤

ここでは、びまん性脱毛症に効果的な育毛剤についてお話していこうと思いますが、その前にまず育毛剤を選ぶ際の注意点や、びまん性の原因等についてお話していこうと思います。

ガッツポーズの女性

 

びまん性脱毛症は頭髪全体が平均して薄くなるのが大きな特徴です。

 

症状が目立ってくるのに期間がかかる脱毛症ですので、初期の間に育毛剤を使ったケアを始めることが大切です。

 

もちろん食生活や生活習慣の見直し、シャンプー・ヘアケア方法の見直し等は当然やるべきことなのですが、女性用育毛剤によるケアも不可欠だからです。

 

薄毛改善

多くの女性用育毛剤には、厚労省から認められた育毛有効成分を始めとして、多くの育毛成分が配合されていますので、当然のことながら、びまん性脱毛症に効く育毛剤を選ぶ必要があります。

 

ただし、添加物が多く含まれている副作用の強いものや、殆ど水のような粗悪品もありますから、購入する際には十分注意してください。

 

またびまん性脱毛症の原因は、主に加齢・ストレス・血流不足・女性ホルモンの減少等が考えられます。

 

これらの原因にも対応可能な成分を配合した育毛剤を選ばなくてはなりません。

 

殊にプラセンタ等のグロースファクター(成長因子)とも呼ばれる成分は、医療機関でも採用されていて、安全性や信頼性の高い成分ですので、必要不可欠な成分と言えます。

 

女性は貧血から頭皮の乾燥や炎症を招きやすいので、保湿成分・血流促進成分・頭皮ケア成分・栄養成分・美容成分等の成分を、出来るだけ多く含んだ育毛剤を選ぶ必要があります。

 

出来るだけ多くの成分がナノ化されたものを選び、ミノキシジルを含むものは副作用が強いので女性は避けた方が賢明です。

 

では次に、びまん性脱毛症に効果的な育毛剤を幾つか御紹介しておきましょう。

 

ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤は育毛・頭皮ケア成分99.9%、天然由来成分99.6%の、弱酸性無添加アミノ酸系の育毛剤です。
業界最大の56成分を配合し、その内の32成分をカプセルにしてナノ化しています。

 

 

その他にも、保湿効果のあるユキノシタ・シルバーバイン果実・ウメ果実、天然由来成分として、大豆たん白質水解物・イザヨイバラエキス・ヒオウギ抽出物が含まれている育毛剤です。

 

マイナチュレ(mynature)

マイナチュレ(mynature)

マイナチュレ(mynature)は、徹底して女性向けの育毛メソッドにこだわった女性用育毛剤です。

 

香料・着色料等11成分が無添加で、27種の天然成分10種のアミノ酸が含まれている他、無香料であることや、育毛剤が入っているとわからない包装で送られてくることも大きな魅力です。

 

また三大有効成分であるセンブリエキス・グリチルリチン3ジカリウム・酢酸DL-α-トコフェロールの他、育毛効果の高い北海道日高沖産のミツイシコンブのエキスと、保湿ケアや血行促進成分も豊富に含まれている育毛剤です。

 

花蘭咲(からんさ)

花蘭咲(からんさ)

花蘭咲(からんさ)は、香料・合成界面活性剤無添加の育毛剤です。

 

先程お話したセンブリエキスの他、エビネ蘭・ユズエキス・エイジツエキス・ローズマリーエキス・サンザシエキス・ワレモコウエキス・茶エキス・トウキエキス・トウガラシチンキの10種の天然植物由来成分が配合されています。

 

他にもニコチン酸アミドが活性酸素を抑制し、塩酸ピリドキシンも髪の栄養補給をする等、育毛に必要な成分と効果の揃った育毛剤であると言えます。

 

確実な育毛と脱毛予防の効果が、約束された女性用育毛剤であると思います。

 

おすすめ女性用育毛剤ランキングはこちら