薄毛・抜け毛と睡眠不足の関係

髪の毛は健康でも毎日80〜100本位は抜けていると言われますが、秋になりますと、その2倍以上抜けることもあるそうです。

 

睡眠中

しかしそれでもまた抜けた文だけ生えれば問題はありませんが、何らかの原因で抜けても生えてこなくなるとなりますと、これは問題になってきます。

 

その原因の1つに睡眠不足があります。

 

そこでここでは、睡眠不足と薄毛・抜け毛の関係について、お話していきたいと思います。

 

睡眠不足による薄毛や抜け毛は、血管の収縮によって血行が悪くなり、毛母細胞に栄養が行き渡らなくなってしまうことで、進行すると考えられています。

 

薄毛の女性

また過剰に皮脂が分泌されて頭皮が脂性肌となって毛穴をふさいだり、ホルモンバランスによるヘアサイクルの乱れ等、幾つもの要因が重なるとも言われています。

 

また皮ふには常在菌が住み着いており、それは肌の延長上にある頭皮でも例外ではないのですが、そのバランスがとれた状態ならば病原菌の侵入を防いで、肌の健康を保ってくれます。

 

しかし1度ホルモンバランスが崩れてしまいますと、常在菌が増え皮ふに刺激を与えて、肌トラブルを起こしてしまうことがあります。

 

抜毛でゾッとする女性

睡眠不足による薄毛や抜け毛は完全に抜けて落ちるのではなく、全体的に均等にボリュームダウンするのが特徴であり、どちらかと言いますと、女性の薄毛や抜け毛に顕著な傾向です。

 

睡眠不足が原因である場合、女性は十分睡眠をとることで解消していきますが、男性の場合は生え際が後退したり、頭頂部が薄くなったりする場合はAGA(男性型脱毛症)だと思われますので、十分睡眠をとるだけでは解消しません。

 

ですので、AGAの可能性が高そうだと思ったら、是非AGA専門のクリニックでの診察を受けてください。

 

睡眠中の女性

どちらの場合であっても、睡眠はきちんととることが大切です。

 

睡眠不足は身体全体の健康にも関わる問題ですから、決して軽視しないようにしてください。

 

また睡眠不足は日中の集中力の低下や作業効率の低下を招き、生活の満足度も低くなっていくだけでなく、イライラや気力の減退やミスの連発等を招きやすく、ストレスの原因となって、薄毛や抜け毛の原因にもなります。

 

それを避けるためには、まず寝る前3〜4時間前の喫煙やカフェインの摂取を控え、リラックスした状態で早めに床につくようにしましょう。

 

そして睡眠はただ長くすればいいというものではなく、その質が良いことも重要ですので毎日の適時な運動と、栄養バランスの摂れた食事を心がけ、特にしっかり朝食を摂るようにしましょう。