薄毛・抜け毛と女性ホルモンの関係

女性でも薄毛や抜け毛に悩んでいる人は、少なくないと思います。

 

そこでここでは薄毛や抜け毛の女性ホルモンの関係について考え、女性ホルモンがどうして、薄毛や抜け毛の原因になってしまうのかについて、考えていきたいと思います。

 

女性ホルモン

まず最初に言えるのは、薄毛や抜け毛の原因の1つが、女性ホルモンの減少であるということです。

 

その女性ホルモン・エストロゲンは、髪の生成や成長をサポートするホルモンであり、女性らしい体作りや生殖機能の維持にも欠かせない、卵巣から分泌されるホルモンの1種なのです。

 

また肌や頭皮の若さを保つ働きがあり、健康維持には必要不可欠な、髪の毛の成長や寿命を延ばす働きもあると言われています。

 

このエストロゲンが何らかの原因によって、生成量が減少してしまうことにより、ヘアサイクルの乱れが起こる可能性があるのです。

 

更年期の女性

頭皮の健康が損なわれてフケが増加し、頭皮の痒みもひどくなる等、頭皮のコンディションの悪化を招いてしまうからです。

 

そうなってしまう原因としては、まず加齢ということがあげられます。

 

中高年になりますとエストロゲンを含む女性ホルモンの分泌が急速に低下しますと、体内のホルモンバランスが崩れ更年期障害となって、様々な症状が現れてくるのですが、その症状の1つが薄毛や抜け毛ということになります。

 

更年期障害は、女性が閉経する前後の数年間の時期を指すものですから、薄毛や抜け毛の症状も放置しておきますと、それだけ長引いてしまうことにも成りかねません。

 

次に考えられるのはストレスです。

ストレス

 

現代人は家事や仕事や人間関係に等によって、ストレスを溜めやすい傾向にあり、しかも上手く発散出来ずに溜め込んでしまいますと、自律神経のバランスが崩れてしまい、卵胞刺激ホルモンの量が低下すると共に、エストロゲンの分泌も減少して、薄毛や抜け毛の原因になってしまうのです。

 

また食生活に於いて脂っこいもの、高カロリーのもの・甘いもの等ばかり食べてしまい、野菜・果物・大豆タンパク等の栄養が不足してしまいますと、栄養のバランスが崩れて代謝機能が低下し、エストロゲンを生成するための栄養分も不足してしまうことで、薄毛や抜け毛の原因となります。

 

エストロゲンの正常な分泌のためには、栄養バランスのとれた食生活が必須条件と言えます。

 

妊婦さん

そして女性によっては何度も経験する出産も、エストロゲンとの関係で薄毛や抜け毛の原因となります。

 

妊娠中はエストロゲンの量が通常よりも多くなることで安全な出産までは保証され、働きがより強力になって、ヘアサイクルの上では抜けるべき髪の毛も成長させますが出産後は元の量に減少するため、妊娠中に抜けなかった分の髪の毛まで、一緒に一気に抜けてしますのです。

 

但しあくまでも一時的なものですから、出産後半年ほど経てば、普通ならば殆ど抜けなくなってくる筈です。

 

そのため産後脱毛については、あまり気にしないことが大切で、気にしすぎることでストレスになって、新たな薄毛や抜け毛の原因にならないよう、気持ちを楽に持つようにしましょう。