女性の抜け毛の原因

抜毛でゾッとする女性

抜け毛は男性だけの問題と思われがちですが、女性にとっても大問題です。

 

そこでここでは女性の抜け毛の原因について、お話していきたいと思います。

 

女性の抜け毛は髪の生えている領域はそのままで、平均してボリュームがなくなっていくのが特徴です。

 

ですので円形脱毛症のように男女共通で出る症状以外では、原因に係らず、このような抜け方をするものと考えてください。

 

加齢に伴うホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンは年をとるに従って減少していくものですので、髪の成長に欠かせない女性ホルモンの1つであるエストロゲンやプロゲステロンも減少するため、自然な現象として、髪が抜けたり痩せたりするということです。

 

出産後のホルモンバランスの乱れ

赤ちゃんとお母さん

エストロゲンやプロゲステロンは妊娠中は母胎を守るために一定量は維持されていますが、出産が終わると必要なくなったと判断され、共に急激に減少してしまうことがあります。

 

そのためにホルモンバランスが乱れて、抜け毛が多くなってしまうと考えられています。

 

抜け毛は出産後3ヶ月位から目立ってくる人が多いと言われます。

 

これは2つの女性ホルモンが、妊娠中はいつもより増加することによって、安全な出産が可能になるわけなのですが、しかし出産後は正常なバランスを取ろうとして、急激に減少してしまうため、普段のホルモン量を下回ってしまうこともあるのです。

 

そこで急な変化に身体がついていけなくなって、抜け毛以外にも様々な変調が起こりやすくなるのです。

 

また出産後は生活習慣も一変し、頻繁な授乳や赤ちゃんの夜泣きによる睡眠不足からくるストレスによって、女性ホルモンの分泌が不足し、自律神経が乱れて代謝が悪くなること、そして産後にも係らず無理なダイエットをした場合にも、それがまた抜け毛の原因になります。

 

間違ったシャンプーの仕方

シャンプー中の女性

女性の中には、髪の汚れを一所懸命に落とそうとして、シャンプーに時間をかけてしまう人がいます。

 

髪の汚れというのは、実はお湯ですすぐという程度でも80%程度は落ちると言われています。

 

シャンプーを使って洗うというのは、実は頭皮に付着している汚れや、余分な皮脂などを洗い流すためなのですが、ここで間違えてしまっている人が多くいるんです。

 

頭皮にある皮脂というのは、基本的にはない方がいいもので、べたつきやかゆみの原因になる。と考える人は実は多いんです。

 

そのため、頭皮を洗いすぎてしまい、結果として頭皮を守るために必要な皮脂までを洗い流してしまう事があるんです。

 

実はこれが、頭皮にダメージを与え、薄毛や抜け毛の原因になってしまうんですよ。

 

正しいシャンプーを実践するだけでも、頭皮のダメージが和らぎ、抜け毛や薄毛の改善効果がでてきます。

  1. まずは髪をしっかりと流水で洗います。
  2. そして、シャンプーをしっかりと泡立て、頭皮をマッサージするように、指の腹を使って優しく洗います。
  3. その後、シャンプーの洗浄成分をしっかりと洗い流しましょう。完全に洗浄成分を洗い流した後、コンディショナーなどを付ける時には、頭皮に着けず髪の先端部分にのみつけるようにします。
  4. 洗い流すタイプのコンディショナーはしっかりと洗い流しましょう。
  5. 最後に、タオルドライをして、ドライヤーで髪を完全に乾かします。頭皮には直接ドライヤーの熱を当てないように、ドライヤーを動かしながら乾かすのもポイントです。

シャンプーの仕方

 

その他の原因

たばこ

その他にも普段のアルコールの過剰摂取や喫煙も、血流を悪くして頭皮や髪に栄養が行き届きにくくなるので、発毛サイクルが止まってしまうため抜け毛の原因になります。

 

運動不足も同じ理由でやはり原因になり得ますので、毎日適度な運動をすることが身体全体の健康のためにも大切です。

 

またパーマ・カラーリング等を間断なく繰り返したり、間違った洗髪方法を繰り返していても、頭皮や毛根を傷め、ヘアサイクルが正常に機能しなくなりますので、やはり抜け毛の原因になります。

 

また先程お話したような、産前産後の期間以外の日常生活でも、ストレスは頭皮や毛母細胞に栄養が行きにくくなる原因となりますので、ストレスを溜めず、もし溜めても発散する方法を持っておくことが大切だと思います。