産後脱毛症はいつから?対応した方がいい?

妊婦さん

出産は多くの女性が経験するもので、それに伴って様々な変化や症状が体に表れてくるものですが、産後の脱毛症もその1つで、経産婦の約7割が経験していると言われています。

 

髪の毛がよく抜けるのは入浴中の洗髪時や、その洗髪後のドライヤー等をかけている時だそうですが、産後の体の変化による自然なことですので、特に心配はないとのことです。

 

産後脱毛症の主な原因は女性ホルモンの変化によるものです。

 

妊娠中はプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)が増えますが、髪の毛は普通一定のサイクルで生え変わるところを、この時期は女性ホルモンの増加によって抜けにくくなり、髪の毛や体毛が増えて毛深くなる女性もいます。

 

抜毛

しかしその後出産しますと女性ホルモンが減少し、妊娠中は抜けないでいた髪の毛が、一気に抜けてしまうのです。

 

これが産後脱毛症の起こるメカニズムです。

 

また子育てによるストレス、授乳や世話による睡眠不足、忙しさから食事がきちんと摂れないことや、また髪の毛が抜けるのではないかというストレス自体も、新たな抜け毛の原因になる場合もあります。

 

ヘアサイクルは通常髪の毛の増える時期である成長期が2年〜6年、髪の毛が抜ける時期である退行期が2〜3週間、髪の毛が生え変わる休みの時期である休止期が2〜3ヶ月と言われています。

 

食事

産後の脱毛症は産後まもなく大量の抜け毛があって休止期に入り、その休止期の2〜3ヶ月を過ぎますと、女性ホルモンの生活習慣等により多少個人差はありますが、産後6ヶ月から1年の間にはおさまると言われています。

 

生理的なことですので、特別な対策をとる必要はないのですが、それでも脱毛症状が続く時期が長期に渡りますと、精神的なストレスになる場合もありますので、栄養バランスのとれた食事と規則正しい生活を送ることを心がけ、睡眠をおおくとったりストレスを溜めない工夫等をすることが大切です。

 

とは言うものの、育児に追われている間にそれらのことを全て実践するのは難しいですから、最低限栄養のある食事を摂ることを気を付けていれば良いでしょう。

 

例えばカルシウムを多く含む牛乳・チーズ・魚介類、タンパク質の豊富な大豆製品・肉類・卵、ケラチンを作るビタミンB6を中心としたビタミンB群を含む豚肉・レバー・大豆・マグロ・カツオ等、また亜鉛や鉄等のミネラル分を豊富に含むワカメ・ひじき・貝類・ほうれん草等を中心に、栄養を偏りなく摂れる食事を心がけてみてください。

産後脱毛症は自然と治る…と安心するのは早い

妊婦さん

出産までは女性ホルモンの分泌が活発になりますが、これが出産後に激変し、胎盤に蓄積されていたものが体外に排出されて極端に減少し、この時抜け毛を防ぐホルモン・エストロゲンが減少してしまうために、抜け毛が多くなると言われています。

 

急激に抜け毛が増えることでヘアサイクルが不安定になり、新しい毛が生えにくくなります。

 

しかしこれらの抜け毛は体調が回復して、ホルモンの分泌が正常になりますと、ヘアサイクルも正常になりますから、自然に抜け毛は減っていくと言われていますので、他に異常がなければ、特に心配する必要はありません。

 

このことについては、出産を経験した人に話を聞いて、情報を集めておいても良いでしょう。

 

ただし!

 

ストレスのママ

抜け毛の原因にストレスが加わりますと、放置しておくわけにはいかなくなります。

 

特に初産の時等は夜泣きへの対応による寝不足や、普段の子育ての等のストレスによって、抜け毛が酷くなってしまうこともあります。

 

睡眠不足はホルモンのバランスや自律神経の乱れを招き、成長ホルモンが分泌されなくなるため、抜け毛を助長してしまうことがあるのです。

 

授乳以外のことは母親以外でも出来ますから、同居している家族に助けてもらいながらストレスを軽減し、また新たにストレスを溜めないようにすることが大切です。

 

授乳中のママ

また授乳中は母乳で育てているわけですから、そちらに栄養をとられてしまうことになりますので、栄養不足となって、髪に栄養が行き渡りにくくなり、やはり抜け毛がふえてしまう可能性があります。

 

この傾向の抜け毛が慢性化してしまいますと、髪の毛が新しく生えてくるスピードも遅くなるため、栄養バランスのとれた食事をとる必要があります。

 

その他抜け毛が増えることによって精神的にショックを受け、更に抜け毛が増えてしまうこともあります。

 

産後の抜け毛は、その原因や個人差によって抜ける量や期間が違ってくるので、十分な注意が必要です。

 

最初にお話したホルモンバランスの関係でも、回復には半年から1年位は見ておく必要があります。

 

それ以上続くのは外的要因によるものということですから、何もかも自分1人でやろうとせず、家族や知人に助けてもらうようにしましょう。

 

食事では特に大豆イソフラボンを含む豆腐・厚揚・みそ汁・納豆・豆乳や、これらの材料を使った料理、亜鉛や鉄を含む海藻類やレバー、赤身の肉・鶏肉・青魚等によるタンパク質、青菜・乳製品・小魚等によって、栄養補給をしてください。