育毛効果が期待できる食材

お豆腐

薄毛や抜け毛に悩んでいる人は、色々な方法で対処されていると思いますが、その中でも育毛にはどんな食材が良いかということには、特に気を使っているのではないかと思います。

 

そこでここでは育毛効果が期待できる食材について、お話していきたいと思います。

 

毛髪は18種のアミノ酸が結合した、ケラチンというタンパク質から構成されています。

 

ですからまず、タンパク質を豊富に含む食材を意識して摂取する必要があります。

 

育毛に特に良いとされているタンパク質を含む食材は、イソフラボンを含む大豆・味噌・醤油・納豆・豆腐等の大豆製品だと言われ、低カロリーで吸収効率も良いそうです。

 

納豆

イソフラボンには女性ホルモンに似た働きを持つ成分も含まれ、擬似的に女性ホルモンに似た影響を体に与えることで、男性ホルモンの過剰な分泌を抑え、薄毛や抜け毛の進行を抑制する効果があるのです。また肉類や卵等の動物性タンパク質も、エネルギー源として摂取する必要があります。

 

また育毛にはタンパク質を分解して合成する働きをする、ビタミンを含む食材も欠かせません。

 

ビタミンをサプリから摂取する人もいますが、体内への吸収効率が決していいとは言えませんので、あくまで補助程度の補給に止め、食材から中心に摂ることを心がけた方が良いと思います。

 

マイナチュレサプリメント

まず皮ふや毛髪の健康に欠かせないビタミンAは、カボチャ・ニンジン・ほうれん草・ブロッコリー等の緑黄色野菜から、摂取することが出来ます。

 

ビタミンAは熱に弱いのでサラダや油炒めにしたり、煮物にして煮汁も一緒に摂取すると良いでしょう。

 

ウナギや魚の肝にも多く含まれていますが、日常的に食べるのは難しい食材ですので、あまり無理をして食べなくてもよいと思います。

 

次に必須の食材はビタミンB群を含む食材です。

 

ビタミンBはアミノ酸の代謝や血液の生成に不可欠の栄養素であり、マグロ・カツオ・アジ・サバ等の青魚を食べれば、ビタミンB6を摂取することが出来ます。

 

マグロ

またビタミンDはカルシウムの吸収をサポートする栄養素ですが、排泄物として排出されてしまうため、毎日一定量を摂取する必要があります。

 

髪の黒い色素を作り出すのにも、髪の健康を維持するのにも不可欠の栄養素です。

 

アジ・サバ・イワシ・サンマ・サケ等の魚類や、牛乳・乳製品・海藻類等に多く含まれています。

 

また塩分・カリウム・ナトリウム・亜鉛等のミネラルの中でも、特に亜鉛は育毛ミネラルとも呼ばれ、男性ホルモンによる脱毛を抑える効果があり、カキ・イワシ・青魚・緑茶・海藻類に含まれています。

 

そして毛髪に栄養を送り込むためには、血液もキレイでサラサラでなければなりませんが、そのためには、ネギ科のニンニク・ニラ・玉ネギ等をサラダか油で和えて摂取すれば、これらに含まれるアリシンが血栓を分解して、血流を良くしてくれます。