頭皮の痒みの原因と対策

女性の皆さんの中で、何らかの原因で頭皮の痒みに悩んでいる人は少なくなくと思います。

 

そこでここでは頭皮の痒みの原因と、痒みが生じた場合の対策について、お話していきたいと思います。

 

女性の頭部

 

雑菌の繁殖

頭皮の痒みの最大の原因は、頭皮に雑菌が繁殖して炎症を起こすことにあります。

 

また頭皮も皮ふの一部ですから、合わないシャンプーやトリートメントを使っていても炎症を起こす場合もあります。

 

頭皮に痒みを感じた場合に掻いてしまいますと、頭皮が傷付いてもっと痒くなってしまい、乾燥もしている場合は、フケ・痒み・抜け毛の原因になることもあります。

 

乾燥が原因で頭皮が痒くなった場合は、皮ふが乾燥した時のように早めに保湿する必要があります。

 

頭皮はむしろ剥き出しの皮ふよりも乾燥しやすいのに、見過ごされがちなので、十分注意しなければなりません。

 

シャンプーのし過ぎによる皮脂のとり過ぎや、エアコンの乾いた風に長時間当たることによっても、頭皮は乾燥しやすくなってしまいます。

 

頭皮に傷がついてしまった

髪を気にする女性

次に考えられる原因は手で掻く以外の理由で、頭皮に傷がついてしまった場合です。

 

これはアクシデントによって、頭を打ってしまった場合等が想定されるため、早急な処置が必要となります。

 

シャンプー不足や、間違った洗髪方法に

間違った洗髪というのは…

  • 40度以上のお湯で髪を濡らしてから洗髪
  • シャンプを手にとって、そのまま直接頭皮につけてから泡立てて洗う
  • 爪を立ててゴシゴシ力を入れた洗う
  • 洗髪後の濯ぎ不足

等のことです。

 

熱すぎるお湯は頭皮の火傷の原因になります。

 

シャンプーの原液を直接頭皮につけることは、毛穴の中に入り込んでキレイに洗い流せなくなり、頭皮が荒れて炎症を起こし、雑菌が繁殖して痒みの原因となってしまいます。

 

そのようなことを避けるためには、シャンプーは手にとってよく泡立ててから頭皮につけ、洗う際には指の腹で頭皮を揉み込むように洗い、洗髪後はシャンプーの泡が残らないように、時間をかけて丁寧に濯ぐことが大切です。

 

なおシャンプーは合成界面活性剤の入っているような、洗浄力の強すぎるシャンプーよりも、植物成分中心で無添加の、マイルドなアミノ酸系のシャンプーに換えることをお勧めします。

 

トリートメントについても同じです。

 

またスタイリング剤を使っている場合は洗髪する日は勿論、洗髪をしない日でも、地肌までしっかり洗い流すことが必要です。

 

スタイリング剤をつけたままであったり、完全に落としきらずに髪に残ったまま寝てしまいますと、毛穴やキズから入り込んで、頭皮の痒みの原因になってしまうからです。

 

またストレス寝不足・偏食や暴飲暴食等の乱れた食生活等も、間接的には頭皮の痒みの原因となりますから、十分に注意してください。

 

洗髪後にはローションでしっかり保湿をして毛母細胞を活性化させれば、育毛対策としても万全です。